津軽弁しゃべりたい!

米本さんの広島弁!聞きたいです。

 

方言話しているなら津軽弁だろうW妙子のおかじゅんです。

結局もゆちゃんとデートしたのに、名前を決め損ねました。

 

写真はツイキャスで見せた北海道のイベント時(岡田のみ)です。

この時の衣装がまたお気に入りなんです!

写真は下切っちゃったので、

衣装がちゃんと見えなくなっちゃいました。ごめんなさい。

 

オーディションのお話しを聞くと、

予想外なキャスティングがいっぱいあったみたいですね。

面白いですよね!

流れでオーデション時のお話しを…

 

妙子を受けた理由は「津軽弁ならなんとか話せるかも!」だったからです。

性格とか正直その時は気にしていませんでした。

それよりも、方言あります!という情報に頭が支配されていました。

 

正直言うと、正しい津軽弁はきっと話せません。

でも、教えてくれる人がいたら結構頑張れると思います。

私は青森には住んでいませんでした。宮城と岩手に居ました。

両方新興住宅地でした。更に宮城は8か月間と短く、

宮城弁はあまり聞く機会はありませんでした。

岩手はびっくりするほど標準語ではありませんでした。

ご年配の方は、ほぼ外国語。若い子も多少の方言と訛りバリバリ!

新興住宅地のせいか色んな地方の方がいて、岩手の北と南の方言をメインに、

付近の県の方言が混じっていましたから、正確な盛岡弁も分かりません。

尚且つ、友人が津軽弁で、兄が津軽弁が好きで津軽弁の本をくれたりして、

私も津軽弁に親しみがあったんです。

 

だから、妙子を受けましたが、全く受かる気がしませんでした。

ツイキャスでも言いましたが、それまで12歳までの元気な(アホな)少女しか

やったことが無かったので、妙子のキャラは未知の領域です。

 

こうして妙子に出会ったので、これも東北が導いてくれた運命!?と

津軽弁でのセリフをドキドキワクワクしながら待っていました。

 

しかし、津軽弁での妙子に出会う事が結局なかったな…

たぶん実力的に無くてよかったと思います。

あの頃は本当にまだまだ未熟でしたから、標準語のセリフだけで精一杯でしたよ。

 

せっかくなので、津軽弁バージョンの妙子のセリフ!

 

わの おづげ け

のっつど けっぱったっきゃ

んだはんで いあんべぁだぴょん」

 

さて、なんて言っているでしょうか!

(ちょっと方言が面白くなるようにいつものセリフを変えている部分があります)

あ~~~~もゆちゃんの声で津軽弁聞きた~い!

 

イベントでは方言を披露できるかなぁ~♪

 

米本さんが筋トレしていて、とっても尊敬します!

岡田もダイエットも兼ねて筋トレ始ます!!

 

イベントに向けて、みなさんが本当に頑張って活動してて凄いんです。

もう感謝しかありません。

もちろんファンの皆様にも感謝しています。

 

イベントを無事開催し、多くのファンの方々に楽しんで頂けることを切に願っています。

 

かぜのんてひいぢゃまいね!」